FXの基本中の基本

レバレッジの基本

レバレッジの基本

FXの最大の特徴である、元の資金よりもはるかに大きな取引が可能なるのは、この『レバレッジ』という仕組みがあるからです。

 

レバレッジは直訳すると『てこの原理』を意味します。

 

てこの原理は知っての通り、《小さな力で、大きな力を生み出す原理》です。

 

このてこの原理同様に、小さな資金源で、大きな取引を行うことから『レバレッジ』と言葉を使って呼ばれています。

 

実際にFXでは、“レバレッジが50倍”なんて言い方を使用しますが、これは証拠金に対して50倍の取引を行っていることを言っています。

 

ここで簡単に例を挙げながら説明していきましょう。

 

為替レートで、1ドル=120円とします。これを1,000ドル運用しようと思ったら、通常「120円×1,000」つまり日本円で12万円が必要です。

 

しかし、FXではレバレッジがありますから1,200円で12万円分の1000ドルを運用できるのです。

 

なぜ10分の1の値段で資金運用ができるかというと、それはレバレッジが10倍だからです。

 

会社によってこのレバッレジ倍率はレバレッジはまちまちですが、50倍〜100倍に設定されていることが多く、中には200倍なんていう会社も存在するようです。


Warning: file_get_contents(http://www.ichi777.com/link_ad/shuffle.cgi?en=s&file=10&s=ok&j=ok): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/lifes019/public_html/first-live.jp/05.php on line 109
No Match Data!


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 『FX』の意味とは 投資の基本 証拠金の基本 通貨ペアの基本 レバレッジの基本